ココロにゲンキ ~infinity~

∞ 寝ても覚めてもeighterです!! ∞

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかんだ言いながら

  1. 2009.
  2. 06.
  3. 28
  4. (Sun)
  5. 15:56
源太さんの姿が画面から消えてから、ちゃんと見てない回もあったけど、
それでも、毎週金曜日の夜9時からはABCがついておりました。

中だるみしたけど、オンタイムではなかったものの、最後の3話ぐらいは割ときっちりまともに見ました。

なんだかんだ言いつつ、結局、最終話まで録画した(笑)
結果的に、最終話まで録画して正解やったね。

あたしの中では、源太さんは現実に生きてた人になってるらしいです。
最終回のエンドロールでたっちょんの名前が出て、
お菊姐さんが墓参りして、源太の映像がちょこっと流れただけで、
泣いてる自分がおりました(^^ゞ
一体何の涙なんだか分かりません(爆)

あの映像だけで、『ザ・クイズショウ』の最終回より泣いてるあたしって…?
イタイかもしれん…(-_-;)
まぁ、『ザ・クイズショウ』で泣いたこともあたし的には意外でしたが…。

エンドロールにたっちょんの名前が出て、源太さんの映像が流れて、
確かに必殺の中で生きていたんやな…と、存在してたんやな…と思いました。

ほんとのほんとに終わってしまいましたね。
キャストの皆さん、スタッフさん、ドラマに関わった皆さん、本当にお疲れさまでした。


そして、聖に…。
webに書いてくれてありがとう。

そんなこと思ってたんやね。
たっちょんの後に聖がレギュラーっていうのを知って、
「聖は悪くない。聖は悪くないってのは分かってるんやけども・・・・・
 なんだかなぁ~・・・・・はぁ~~~…(ーー;)」
っていう、どこかモヤモヤした気持ちはずっと持ってて、
今思えば、匳の殺し技に変にいちゃもんつけてみたりしてたのも、
どこかでバランス保とうとしてたのかな?とも思うけど。
(源太の殺し技も、冷静に考えたら大概やのに…笑)

きっと、聖とたっちょんがお互いに気にしすぎていたように、
あたしも別のいみで気にしすぎていたのかな?と思います。
結局、そのモヤモヤみたいなもんは、ちょっとずつ薄れていったものの、
最終回まで引きずってたけどね。
聖がwebに書いてくれたの読んで、やっと晴れたかな?…って感じ。

必殺の匳は聖らしさも出てましたよね。
役柄的にも、適任やったけども。
最後のシーンにもほっこりさせられました。


そういえば…
結局、作太郎はどこで何をしとるんでしょか?
ヒガシがwebで「どこかで漫才をしてるでしょう」なんて、洒落たこと書いてたけど(笑)
どうせなら、エンドロールで源ちゃんと作ちゃんのシーンが流れてくれたらよかったのにな~。


…と、ほっこり思い出して書いてるような感じですけども…
未だに、源太さんの最期の回はリピできません。
CMカットの編集すらできないままです。

必殺の最終回が終わったらリピできるかな?って思ってたけど、
最終回のエンドロールですら泣いてしまう自分を知って、
これはまだ見ることできそうにないなぁ~と思いました。

全身全霊かけた、渾身の演技は見たいんやけども、
まだ、見ること自体が辛いみたいです。
最終的には助かって生き延びたものの、
最終回の涼次の方が凄惨で凄絶やったんですけどねぇ。
個人的に源太さんの最期の方が、精神的に辛い


スポンサーサイト

仕事人、死す――。

  1. 2009.
  2. 04.
  3. 12
  4. (Sun)
  5. 00:07
『必殺仕事人2009』第11話。
気分的には最終回を迎えたような感じです。

このエントリーのタイトルに困りました…。
スポ紙やテレビ誌やWSでは、殉死とか殉職って言葉が出てたけども、なんか違う気がするし、
仕事人が死ぬってことは、地獄に堕ちたってことでしょ?
だったら、大往生ってのもおかしいし・・・・・。

ってことで、11話のタイトルを頂いちゃいました。(←単なる手ヌキとも言う;;;)
だって、いい言葉が見つからなかったんやもんっっ。

未だに気持ちの整理がついてなかったりするんですけども…。
だから、整理のついてないまま、全部書いちゃえ!!と思ってます(^m^;)

なんかね、あたし自身が色んな視点で見てたらしくてね、
心の中でそいつらが、ぐるぐる渦巻いてるんです。

源太さんの死は、放送以前にネタバレされてたから、
それに向かって物語が進んでいるっていうことは承知の上だから、
作ちゃんとのシーンも、純粋にほのぼのした気分で見ることができず…。

そして、たっちょんらぶであるが故に、
あんな酷いことする役でも、浅野ゆう子さんになりたいと思ってみたり…。
ぎゃーっ!その手ぇ―――――っ!!!!!
おんぶ―――――――っっっ((((o(>_<)o))))
・・・・・なんて思ってる自分がアホすぎて情けない

あぁっ邪念が・・・・・・・
その邪念を持たずに見たかった…。

って、ヨコシマな思いはここまでにしときます(^^ゞ


11話を全て見終って、「源太が死ぬ」ってネタバレは、しない方がよかったんちゃうかな?って思ってます。
源太の死を予告されてても、未だに衝撃が大きすぎて、受け止めきれてないような自分がいるけど、
それでも、玉櫛の死のように「えっ!?なんで???」っていうのであってこそ、“必殺”なんちゃうかな?って思うんです。
もし何の予告もなく、源太の死を放映されたとしたら、それはそれで、別の思いが芽生えたかもしれないけど。

ほんとうに丁寧に、最期を描いてもらえたなぁ~と思いました。
スタッフの皆さんに愛されていたんやなぁ…って、映像を通しても分かった気がします。
源太の死を予め知ってたから、そんなことを思いながら見たんやろうけど、
知らなくても、後からでもそれは感じれたんじゃないかなぁ…。

今はほんとうに、辛くて辛くて…リピることもできないけど。
スタッフや共演者の皆さんが、最期の時のために一生懸命つくして下さったんやし、
きっとたっちょんも、全身全霊をかけて悔いなく演じきったんやろうし、
何回でも見てあげたい気持ちはあるけども、辛すぎるんです(T_T)
けど、逆を返せば、それだけ完成度の高いものやったってことなのかもしれませんね。


ある友達は、「源太があまりにも救われない」と言いました。

けど、仕事人としての仕事を、自分の命と引き換えてまで全うした最期やから、あれはあれでよかったんやと思ってます。
あそこでまた仕留めきれずに、別の仕事人の手によってお富が仕留められたとしたら、源太の死は無駄死にになっちゃったやろうけどね。


ある友達は、「久しぶりに真剣に見たけど、びっくりするくらい上手くなってた」と言いました。

それって、最高の誉め言葉やと思います。
ファンじゃない人にそんなこと言ってもらって、なんだか誇らしくなりました。

ファンの欲目でもなんでもなく、本当に成長したなぁ~と思ってます。
だって、“2007”の時は、ちょっとダイコンやったもん(笑)
その後、ドラマもいくつか経験して、他のお仕事もやらせてもらって、その間に成長したことも沢山あるとは思うけど、
『必殺仕事人2009』で、更に更に色んなことを経験して、めちゃめちゃ大きく成長したんでしょうね。

本当に、丁寧に丁寧に最期を描いて下さって、スタッフの皆さんありがとう。
思いの外、綺麗に撮って下さっててびっくりしました。
もっと惨いことになるんじゃないかって、ちょっと覚悟してたのに…。
美しい死と言っていいのかどうかは分からないですけど…。

そして、たっちょん。
10月から撮影が始まって、約5ヵ月間、本当にお疲れさまでした。
この5ヵ月はきっと、何ものにも変え難い5ヵ月やったんやと思います。
「また一緒にやろう!」と言ってくださった、スタッフさんの言葉を信じて待っていてもいいですか?

今はまだ辛いんです。
実在の大切な人を亡くしたような、そんな変な心境に陥ってます。
本当に、喪に服しているような心境で…(爆)
毎年桜が舞い散る頃に、源太さんの死を思い出しそうな気さえしています


あっ。1つ大事なこと書き忘れてた!!!
作太郎は今後どうなってしまうんでしょうか?
そこもきちんと描いておいてほしかったです。
残された作ちゃんが気がかりで気がかりで…。


無理だ――――!!!

  1. 2009.
  2. 04.
  3. 08
  4. (Wed)
  5. 22:56
腹据えて、いつかその時が来るって覚悟決めてたはずやのに…
1つ前のエントリーで全然平気っぽく書いてたのに…

うわぁ~~~~~んっっ
源太さぁぁぁぁぁぁ~~~~んっっ(T_T)(T_T)(T_T)

テレガイの、小五郎さんの足元に倒れてる源太さんの写真見たら、
一気に何かが込み上げてきて、思わず本屋で泣きそうになってしまった

やばい、やばい!!こんなとこで泣いたらあか―――ん!!!
…と思って、テレガイと週ジョンを抱えて、慌ててレジに行きました。

連れて帰って来たけど…。
読めません…。

なんとなく、本放送を見てから読んだ方がよさそうな気がして…。
それに、これ以上源太さんの死を突きつけられるのが辛すぎて…。

エラそうなこと書いてたけど、やっぱり無理やったみたい。
どんな死に様でも、どーんと受け止めてやるぜぃ!!
ってぐらいの勢いやったけど、あかん・・・・・・(>_<、)
無理や(T_T)(T^T)(TOT)

毎回、テレビから流れてくる度、予告を見てはため息ついてたけど、
テレガイの写真見てからは、予告でさえも泣けてくるねん…。

たっちょんが必殺を卒業してしまうのが辛いのか、
源太さんが死んでしまうことが辛いのか、
どっちなのか分かりません。

はぁぁ~~~~。
気になって気になって仕方なかった11話なんやけど、
見たいような、見たくないような…。

いやいや。11話はバスタオル抱えて挑みます。
死に様はどんなに酷かったとしても、源太を演じたたっちょんの有終の美ですから。


やっぱり・・・・・(/_;)

  1. 2009.
  2. 04.
  3. 07
  4. (Tue)
  5. 16:17
源太さん、死んじゃうんですね(T^T)

ある程度覚悟はしてたけど…。

噂は色々出てたみたいだし、確証かも…?な話も聞いてたけど、
最終回までいてほしいっていう個人的願望から、
いつもいつも、その思いを打ち消してました。

でも、事前に発表するとは!!
死ぬにしても、本放映まで伏せとくんかな?と思っておりました。
TV誌との関連やろか?
きっと諸々大人の事情ってヤツが絡んでるんでしょね…(ーー;)

発表された途端、テレビで流れる予告映像には、
仕事人、死す――」の文字。
そして、「もう誰も殺したくねぇ!!」って叫んでたのに加えて、
死にたくねぇ…!」っていう悲愴な声に…。

追い討ちかけられてる気がします…(>_<、)

とはいえ、何気に覚悟はしていたことです。
源太が死ぬと知っても、なんでやねんっっ!!!ていう思いより、
あぁ…やっぱりか・・・・・でしたから。

17時間強に及ぶ長時間のロケ。
たっちょんは、仕事人としての仕事を力の限りやり遂げたはずです。
その上、15分拡大放送!
源太の死を壮大に飾っていただけると思うと、誇らしくもあります。

どんな酷い死に様だったとしても、そこは仕事人。
最後まで見届けます。

それよりも、気になるのは作太郎…。
お父ちゃんを早くに亡くし、お母ちゃんも死んで、初恋の女の子も死んじゃって…
更に源太まで死んでもーたら、不運この上ないやないかっっ!!!

源太が死んだら、作ちゃんどーなるねんっっ!!!
源太がどんな酷い死に方しようが、それは仕方ないと思うけど、
作ちゃんについては、ちゃんと納得できる話にしてくれないと許さんぞー!!

11話では、源太と作太郎のほのぼのしたシーンは・・・・・・無いやろね(;_;)


早くも…!?

  1. 2009.
  2. 04.
  3. 06
  4. (Mon)
  5. 14:18
『必殺仕事人 2009』のDVD発売が決まったそうで…。

『必殺仕事人2009 新春スペシャル』
『必殺仕事人2009 上巻』DVD-BOX(6枚組)

共に6月17日発売だそうです。

詳しくは、こちらでご確認を!!

それにしても…。
前半は10話までなんだから、当たり前っちゃ~当たり前なんだけど、
えぇ~~~っ!?ここで終わりぃ~~~っっ!?な10話で切っちゃうのね…。

特典も諸々気になるところですが、う~~~ん…どうしよう…。
『歌姫』も『ヤスケン』も買ってません(;^∇^A


気が気じゃない!!

  1. 2009.
  2. 03.
  3. 21
  4. (Sat)
  5. 11:54
『必殺仕事人 2009』第10話。

…って、もう10話なんですねぇ~!!
つい最近、新春SPだー!始まるぞー!!って大騒ぎしてたのに、
もう10話って!!!
早いなぁ~~~。

9話で10話の予告見た時から、気が気じゃなかった第10話。
これからどーなるねんっっ!!
源太さぁ~~~~んっ(T_T)(T_T)(T_T)

そんな感じで観てたんですが・・・・・・

なんやねんっっ!!
あの終わり方ぁ――――――っ((((o(>_<)o))))
今まで、1話完結式やったんちゃうんかいっっ。
なんで、よりによって、そんなとこで終わるねん!!
しかも、次回放映日は4月10日って…Σ( ̄□ ̄;)
何週待たせる気やねぇ~~~~んっっ!!!!!

…って、まぁ、作り手側としては、間が空いちゃうから、次回もちゃんと見てもらえるように…って意図があるんやろうけど。
あんな終わり方されたら、気になって気になって、夜もろくに寝れなくなるじゃないかぁぁぁぁぁっ!!!!!

なんて言いつつ、昨夜はぐっすりでしたが(笑)


なんか、あちこちで源太死亡説がまことしやかに噂されてるようですが…。
ほんま、一体どうなるんでしょ。

源太さん、ほんまにいい顔で演技するようになったから、消さないでほしいんやけどなぁ…。
くららー的に…というよりも、一必殺ファンとしても。

裏稼業の仕事人としての顔と、表の顔のからくり屋&小料理屋の源ちゃん。
揺れ動く心の葛藤が、如実に表情に表れてるように思います。

…って、芝居に関してド素人なあたしが偉そうに言うことじゃないのかもしれませんが…。
でも、ドラマ見てるのは、素人な人が大多数なんやから、素人の視聴者にどれだけ訴えかけることができるか…って大事やと思うんよね。
でもやっぱり、偉そうなことゆーてるかな(;^∇^A

気が気じゃなかった第10話。
源太さんだけかと思ったら、涼次にも小五郎にも予測してなかった展開があって…。
なんか、この先、仕事人たちどーなるねんっっ!?って感じで…。

前回あたりから、もしかして、源太が死ぬ方向で話が進んでるっ!?
なんてことがチラついてる気がしてたけど、今回観たら、涼次の死もチラついてる気がして…。

ほんま、どんな方向に転がっていくんでしょ。

それにしても、小五郎さん恐かったぁ~~~(T_T)
あの目は殺人鬼かと思いましたよ…。
「今回の仕事は降りる」とか言いながら、すっごい表情で殺めちゃうんやもん。
そりゃ、あの役、精神的に疲れるわ…。

どうなるのぉ~~~~~っ!?

  1. 2009.
  2. 03.
  3. 14
  4. (Sat)
  5. 00:30
仕事人の次回予告がやたら気になります。

源太さん、一体どうなっちゃうんでしょうか?

最近は、源ちゃん作ちゃんがほのぼのしててとってもいい雰囲気で、
そんな様子を見ながら、とってもあったかい気持ちになってたのに…。

まぁ、裏稼業は裏稼業として、“仕事”をこなす源太さんにも惚れ惚れしてましたが…。
源太の顔つき、最初の頃と変わってきたなぁ~~って思ってたので、
“仕事人”としての“覚悟”みたいなもんも備わってきたんかな?
…って勝手に解釈しておりました。

けど、そうでもなかったんかな?
次回予告見る限りでは…。

それにしても、一体源太さんに何がっ!?!?
ほんま、気になる~~~~!!!!!

これが、ヒガシが言うてた“大転回”ってヤツなんでしょうか?

まさか、まさか…
もしかしてそうなんっっ!?!?…ってこともあり得るんかな?

いやいや、浅野ゆう子さんの回まではそれは絶対ないよね。
まだまだ源太さんには頑張ってもらわないとぉ~~~っっ!!!



・・・・・・・けど、ほんま、気になるっっ!!!(((o(>_<)o)))
どう話が転がっていくのだぁ~~~~~っっ!?!?!?


なんてこったい

  1. 2009.
  2. 01.
  3. 23
  4. (Fri)
  5. 22:23
第3話、源太さんのセリフ一切無し( ̄□ ̄;)!!
癒やしの作太郎も出てこーへんしぃ~~~!!!!!

まぁ、今回は出番少ないんやろなってのは想定内やったけど、
いつ出てくるねん、いつ出てくるねん!?
…って待ってたら、殺しのシーンだけやった(x_x;)


でも、華麗な殺しに惚れ惚れしたのは言うまでもありません。
源太さんの仕事人の目ヂカラが、たまらなく好きすぎる(*^m^*)

やっぱり、たっちょんには黒い役が合うと思うのです。


さて、次は『歌おに』♪
今日は睡魔に負けずにオンタイムで見れるかなぁ…。
既に睡魔に襲われてたりするんですが(笑)

side menu(1)

Count Down!!

Calendar


07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

まゆへおたより

コメントするのはちょっと…とか、エントリーと関係ない内容なんだけど…など、ないしょの話(?)はこちらへ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR Code

QRコード

Happy Birthday!!関ジャニ∞

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_green

side menu(2)

Welcome!

いらっしゃいませ♪

Profile

まゆ

Author:まゆ
初生∞は2007年2月24日京セラドーム。

ドラマによく出てた亮ちゃん見たさに行った∞コンだけど、
バタフライなたっちょんにあっという間に堕ちてた(笑)

そんな訳で、一番のご贔屓はたっちょん。
けど、∞みんなでわちゃわちゃやってるのが大好きです。

最近はFiVeも好き♪

Recent Entry & Comment

Category

Link

Trackback

Counter

Online Counter

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。